住宅金融支援機構、フラット35利用住宅の仕様調査結果を発表
2008 / 05 / 10 ( Sat )
住宅金融支援機構、フラット35利用住宅の仕様調査結果を発表


 住宅金融支援機構は、フラット35を利用した新築戸建住宅について、基礎や土台、柱、断熱材、屋根などに関して、どのような仕様で建設されているか実態調査を実施、結果を発表した。

 それによると、フラット35Sの適用状況は、在来木造では適用「なし」が55.9%であるのに対し、プレハブ(鉄骨系)では「なし」は5.8%と少なく、大きな差があることがわかった。

 フラット35Sの種類は、在来木造では「バリアフリー」が22.6%と多く、「耐震性」が少ない。プレハブ(鉄骨系)では、「省エネルギー性」が69.0%、「バリアフリー性」は1.2%と非常に少ない。

新建ハウジング - 2008年4月24日


昆布の王様 King of Konbu 通販
カルティエCartierパシャ 通販
パチンコ CRフィーバー創聖のアクエリオン攻略法
CRパチンコ黒ひげ危機一発2攻略法
老眼治療 レーシック
電子マネー 種類比較
スキンケア トライアルセット 通販
パチンコCR花の慶次無料攻略法
ペット犬シャーペイShar Pei
EGF 上皮成長因子 サイトカイン
EGFヒトオリゴペプチド
勃起障害シトルリン


未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カメイが住宅ローン業務参入 仙台に14日開店 | ホーム | 07年度「フラット35」申請戸数は前年度並みの6万戸>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fb.dtiblog.com/tb.php/45-83c1aeb5
| ホーム |